アトピー性皮膚炎と汗

従来アトピーの患者さんは、汗をかくと悪くなると言われてきましたが、最近は逆に、汗をしっかりかいた方が良いと変わりつつあります。

その根拠は、アトピーの方は皮膚の発汗機能が落ちているために汗をかきにくい状態にあり、汗を積極的にかくことにより発汗機能が正常化し、自律神経のバランスも良くなるということです。

また、汗のかき方には二つあり、安静にして蒸し暑い環境でじっとりとゆっくりかく汗は熱が皮膚にこもり、痒みを誘発し症状は悪くなります。
一方、スポーツでかく汗は大量でさらさらとしており発汗機能を正常化し、症状は良くなります。

また、汗をかいた後の処理も重要です。
汗をそのまま放置すると皮膚を刺激します。汗をかいた後は、シャワーで洗い流し、濡れた衣類を交換することが大切です。
シャワーができない場合は、濡らしたタオルで汗を拭き取ることも良いとされています。

但し、症状が悪い状態での激しい運動は、刺激になるので、適切な治療を行い、ある程度症状が落ち着いてから汗をかくことが大切です。