帯状疱疹は早期の治療が大切

体の半分の一本の神経分布に沿って帯状に痛みがあり、その部位に赤み・水ぶくれができた。

それは帯状疱疹かも?
すぐに病院に行きましょう。

帯状疱疹とは、水痘と同じウイルスが原因で神経と皮膚を障害する病気です。

水痘に罹患すると体の中にウイルスが残り、体の抵抗力が低下した時にウイルスが再活性化し発症します。最初は神経痛のみですが、一週間以内にその部位に赤み、小水疱が出現しします。

一般的に症状は、皮疹出現後約一週間でピークとなり約1ヶ月で軽快しますが、高齢者など抵抗力が低下している方は重症化し入院となることもあり、このような場合は長期に痛みが続く帯状疱疹後神経痛に移行することがあります。

治療は、抗ウイルス剤が中心で、いかに早期に投与を開始するかが治療上最も大切なポイントです。また痛みは、温めると軽快するので、ゆっくりの入浴、使い捨てカイロなども有効です。

人への感染は、水痘をやっていない方のみ、直接接触により感染し水痘が発症することがありますので、注意が必要です。