ウルシ・ハゼの木・マンゴー・ギンナンは親戚

秋も深まり紅葉の季節となりました。

昔からかぶれ易い植物と言えばウルシが有名ですが、ウルシと親戚関係にあるものに、ハゼの木、マンゴー、また遠い親戚にギンナンがあります。

ウルシにかぶれる人はこれらの親戚にもかぶれ易いといわれています。

一般的にウルシを庭に植える方は少ないと思いますが、ハゼの木は秋の紅葉も美しく、庭・公園等身近にあります。

また、ウルシアレルギーの方は、マンゴーを食べると高率に口唇と口の周りにかゆみ、赤みがでます。
症状はすぐにではなく1〜2日してから始まり、1週間位は悪化します。

ウルシかぶれは、かぶれる人(ウルシに対してアレルギーのある人)と全くかぶれない人とに分かれます。

ウルシのアレルギーのない人は注意をする必要はありませんが、ウルシアレルギーのある人は、ウルシ・ハゼには触れないこと、マンゴーをどうしても食べたい人は(食べないほうが無難ですが…)、口の周りにつかないように小さく切って食べること、またギンナンは殻とその周りの成分にのみかぶれますので、調理したものを食べるには問題ありませんが、自分で拾ったりむいたりはしないことが大切です。